• HOME
  • 代表者挨拶

代表者挨拶
 

小野寺 高

onodera10001.jpg

地元、青森県経済の発展と企業防衛に尽力したい!

 
 はじめまして。 この度は当事務所のホームページにアクセスしていただき誠に有り難うございます。平成8年に青森市内にて開業致した事務所で、公認会計士・税理士・行政書士等の業務を行っております。開業以来、「地元経済の発展と企業防衛に尽力したい!」と考え、お客様に真心のこもった対応とスピード感あふれる対応をしてきたつもりです。
 
閉塞感がある地方経済においても、果敢に営利企業を起こし挑戦する企業家の方々を強力に応援したいと思っています。起業したばかりのお客様のニーズにマッチしたプランを用意しました。


                             私どもと協力して、地元青森県経済の発展に力を尽くしましょう!

代表者に質問

Q1.公認会計士・税理士の仕事とはどんなものだと考えますか?

公平、正義、誠実を実現していく仕事だと思っています。法律の解釈において、公平さ、正義感、誠実さを心に抱いていないと解釈を誤ってしまうと考えます。
もう1つは、士業といえども経営者。
職員の雇用を守り、税金をきちんと払い、事業の継続性を通して社会貢献を果たすのが私の仕事です。
 

Q2.公認会計士・税理士をしていて一番嬉しい時、公認会計士・税理士でよかったと思う時は?

お客様に「信頼されている」と実感する時がこの仕事の醍醐味を感じる時だと思います。
もう1つは、職員に「たくさんの賞与をありがとうございます。」と感謝された時です(あまり経験はありませんが)。
 

Q3.お客様に対して「やらなければよかった」、やってしまって後悔したことは何ですか?

まだまだ若いので、仕事は選ばず、依頼されたことは全てを引き受けて経験を積もうと考えてやってきました。
売上は伸びましたが、2つの弊害があったと思っています。時間がなくなったことと、不誠実で傲慢な人とも縁ができて職員に苦労させていることです。
細かな失敗や後悔は日常的に発生していますが反省して次のステップにし、骨を断たれる失敗だけは避けようと常にリスクの大きさを予測しているつもりです。

 

Q4.どんな公認会計士・税理士になりたいですか?

誠実さや謙虚さを常に心に持っていたいと思っていますが、こんな公認会計士・税理士になりたいと思ったことはあまり無く、むしろ、「仕事に生きがいを感じ、安定した給与をもらえる職員満足度の高い事務所を作りたい」と思ってやっています。
 

Q5.お客様にとって、どんな会計事務所でありたいですか?

「すばらしい職員が揃っていますね。」、「職員の○○君、△△さんには大変良くしてもらっています。」と多くいわれる事務所でありたいです。
 

Q6.得意な分野はなんですか?

社会福祉法人会計、相続税、国際会計基準(IFRS)などです。

 

Q7.お客様と接する際に、気をつけていることはなんですか?

謙虚に、誠実に、媚びないように接したいと思っています。あとは、なるべく専門用語を使わずに解りやすく説明したいと考えています。
 

Q8.今一番興味のあることはなんですか?

仕事の他には、健康、美味しいもの、異性、旅行、ゴルフ、子育て、ワイン、経済学など、まだまだ興味のあることが多いです。
 


0800-800-3208│会社設立・記帳代行・法人決算のご相談はこちら

当事務所に関する詳しい情報は以下をご覧ください。

3.pngのサムネール画像

当事務所のご紹介


代表よりご挨拶


スタッフ紹介

アクセス


問合せ


HOME