5987円 [エバウィン] 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 機内持込可 30L 55 cm 2.8kg シューズ&バッグ バッグ・スーツケース スーツケース・トラベルバッグ エバウィン 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 30L 2.8kg cm 55 機内持込可 日本製 [エバウィン],/archibenthic1111444.html,2.8kg,軽量スーツケース,5987円,Light,フロントオープン,機内持込可,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , スーツケース・トラベルバッグ,cm,aomori-seturitu.com,55,30L,Be エバウィン 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 30L 2.8kg cm 55 機内持込可 日本製 5987円 [エバウィン] 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 機内持込可 30L 55 cm 2.8kg シューズ&バッグ バッグ・スーツケース スーツケース・トラベルバッグ [エバウィン],/archibenthic1111444.html,2.8kg,軽量スーツケース,5987円,Light,フロントオープン,機内持込可,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , スーツケース・トラベルバッグ,cm,aomori-seturitu.com,55,30L,Be

エバウィン 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 30L 超人気 専門店 2.8kg cm 55 機内持込可 日本製

[エバウィン] 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 機内持込可 30L 55 cm 2.8kg

5987円

[エバウィン] 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 機内持込可 30L 55 cm 2.8kg

商品の説明

商品紹介

無料預入受託サイズ(3辺合計158cm以内)※サイズ規定は航空会社や搭乗クラスによって異なります。
表面仕上;鏡面
キャスター:4輪
静音キャスター採用
付属品:鍵2本・ABCシール・ネームタグ
お客様から重要視される要素を詰め込んだ、「エバウィン」“BE LIGHT"シリーズのフロントオープン式ファスナーキャリーです。「軽く、静かに、大容量」をテーマに、理想のスーツケースを追求しました。100席以上の国内線機内持込みサイズに適合した、小型でコンパクトな設計となっています。走行性を考慮した静音50mmの大型4輪グリスパック「HINOMOTO」キャスターを採用。フロントオープンポケットから、本体内部にアクセスが可能な点と、内部は仕切りやファスナーポケットなど、機能面も充実しています。ビジネスシーンを意識したカラーをチョイスしていますので、落ち着いたブラックから、少し明るめのブルーカーボンまで、幅広いお客様にご使用頂けるセレクションです。

ブランド紹介

山一インターナショナル株式会社から生まれたプライベートブランドです。多様化するお客様のニーズに合わせて「いつでも、どこでも、誰にでも」を合言葉に、良質な商品を「適切な価格設定」によって永くご使用頂けるモノづくりを心掛けています。国内外問わず、製造現場と一体となって社員自らが作り手と改善・改良の取り組みを実践することで、カバン流通の関係者目線で「良質な商品」を日々生み出しています。2014年に発表された、【Be Light】の愛称で親しまれる軽量スーツケースは、最高品質の高強度ポリカーボネートMakrolonを使用し素材へのコダワリは、独自の世界観をみせています。また、創業江戸時代の革包司『博庵』と革小物ブランドEVERWIN+Maison de Hiroanを発表するなど、国内外の老舗メーカーとの協働(コラボレーション)を通じて、伝統と革新を兼ね備えた現代的なモノづくりからも目が離せません。2015年よりカバンの聖地、兵庫県豊岡市にて生産をする日本製ビジネスバッグを拡充し、トラベルからビジネスまでトータルに愛用頂けるブランドとして成長し続けています。

[エバウィン] 軽量スーツケース Be Light フロントオープン 機内持込可 30L 55 cm 2.8kg

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook